ニホンザル   

2007年 08月 07日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニホンザルは、哺乳綱 サル目 オナガザル科 マカク属に属するサルの一種。日本列島の固有種である。体長は50~60cmくらい。雌より雄の方がやや大きい。

同じ仲間にくらべて、尾が短いのが特徴である。また、顔と尻が赤い。日本ではサルの顔や尻が赤いのは当たり前だと思われているが、これは実際にはニホンザルの特徴である。
c0111783_0484850.jpg
c0111783_0531669.jpg
c0111783_054730.jpg
分類
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
目 : サル目 Primates
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : オナガザル上科 Cercopithecoidea
科 : オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科 Cercopithecinae
属 : マカク属 Macaca
種 : ニホンザル M.fuscata

学名
Macaca fuscata
和名
ニホンザル
英名
Japanese Macaque
[PR]

by syoya44 | 2007-08-07 00:49

<< 縄文時代のサルの土偶 貧乏が去る像 >>