タグ:太陽神 ( 1 ) タグの人気記事   

猿神   

2007年 10月 10日

猿神
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
c0111783_1553363.jpg

猿神(さるがみ)は、日吉神などの太陽神の使者とされる猿の化身、及びそれらが神的な部分を失って妖怪化した物の総称。

猿神信仰
猿が太陽神の使徒としての神格を持った理由は、猿は太陽が昇り始める前に声をあげて騒ぎ出すといわれることから、猿に太陽を抑える役目が与えられたものといわれる。また、昔から蛇や狐と同様に猿もまた農業神のひとつ、もしくは山神などの山に関連する棲む霊的存在と考えられていたらしく、そうした民間信仰や猿の習性が日吉神社の信仰と結びつき、猿神という存在が生まれたと考えられる。

少なくとも7~8世紀には、山神としての猿神信仰は広まっていたようで、中世の頃には日吉神社の使徒としての猿神の地位が確立していたものとされる。


妖怪の猿神
猿神は神の使者とは言え猿の化身であり、無慈悲な面のある猿神もおり、神的な部分を失い妖怪化した物が多いとされる。そうした猿神たちは日本各地の山々に棲み、山神としての地位を振るって人間の生け贄を要求するといわれた。

平安時代後期の説話集『今昔物語集』によると、身長2m以上で、生け贄が捧げられると百匹ほどの猿を引き連れてやって来た。しかし、若い猟師にあっさりと退治されたという。
[PR]

by syoya44 | 2007-10-10 01:59